宮城県の中古マンション購入と手数料

宮城野区の中古マンション大紹介

宮城県で中古マンション購入する際に、不動産仲介手数料を全額支払う必要はあるのか、値引き交渉にチャレンジ

宮城県の中古マンション購入と手数料

仙台の宮城野区といえば、とても住みやすいところです。

仙台の中心部にも近く、それなのに閑静な住宅地、有名な学校もあります。

そのため、中古マンションの需要も高いのです。

この人気の宮城野区で中古マンションを手に入れるにはどこに気をつければいいでしょうか?

宮城県の中古マンション購入には、不動産会社に手数料が発生しますが、こういうコストが積み重なると、高額になることもありますよね。

中古マンション購入のコストは物件費用にこうした諸経費が乗っかった金額になるわけで、全体を見なければ、予算が組めません。

とはいえ、こうした手数料の類は、取引の形態で上下します。

仲介会社を通じて行う場合には、どうしても仲介手数料が必要になります。

とはいえ、宮城県でも直接売主から買うことができるケースは少ないです。

仲介手数料は中古不動産の売買価格の3%に6万円を加えたものです。

3000万円の物件で96万円になり、これに税金が加わります。

かなりの金額になりますね。

宅地建物取引業法には報酬額の規制があり、その中で定められている金額です。

正確には、売買にかかわる代金の総額によってパーセンテージが変わり、400万円以下ではパーセンテージが上がります。

手数料に関しては、この額面通り支払を行う必要があるかどうかという視点で考えてみる必要もあります。

宅建業法には報酬に関する条文があり、実際には3%に6万円をプラスした金額というのは、上限金額になっています。

この額を超えた報酬を受けることが禁止されているのです。

ここでわかるのは、手数料に関しては、必ずしも上限いっぱいまで支払う必要もないということです。

手数料を交渉するという考え方です。

大きな金額の買い物、場合によっては一生に一度の買い物をするわけです。

言い値通りにせずに、値引き交渉は必須という考え方にもつながります。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN